あったか~いオイルでマッサージはいかがでしょう?

令和初めての秋。そして、4月にオープンした私のサロン、『眠りのサロン立夏』も初めての秋を迎えます。そして冬。

今日はその準備を行いました。

真っ白のムートンをカウンセリングルームに敷きました。

オープン当初の4月もまだ薄寒い季節だったので、しばらくは敷いていたのですが、夏場はさすがに暑苦しかったので…

冬に向かう準備をもうひとつ。

『立夏』では寒い時期には施術に使うオイルやジェルを温めて使用します。人肌に温めたオイルを手のひらにつけ、お客様のトリートメントを始めると、たいていお客様はくすっと笑いだします。

どうしました?

とお尋ねすると、たいてい、

「気持ちよすぎて笑うしかなかったのニコあせる

とお答えになり、やがて眠ってしまわれます…ぐぅぐぅ

 
お客様が安心して心身を休めて下さって
いるということ。
セラピストとして、とても嬉しい瞬間です✨
 

 
 
オイルを温めて使用すると感触が柔らかくなって滑りがよく、また、お客様のお肌に浸透しやすくなります。
 
 
『立夏』のトリートメントは東洋医学がベース。お疲れなお客様の滞った気を流したいので、トリートメントもなめらかさが命です。
オイルはすべりが良ければ良い方がいい!
 
 
そして、「人肌」ってとっても人を安心させるのだと思います。
トリートメントの手のひらの感触と、オイルのあたたかさ…
初回で最初は緊張されていたお客様も、心から安堵されるようです。
 
 
ただ、温めるばかりでは皮膚は柔らかくなりすぎます。
そこで、温めた後は、ひんやりとしたパックで冷却し、皮膚を引き締めます。
夏場はこの「ひんやり感」を重視するため、オイルをジェルに切り替えることも。
オイルは冷やすと固まってしまうため、夏場は使うのに工夫が必要なこともあります。
 
 
東洋医学は季節の変動を大切にしている医学なので、『立夏』のトリートメントも季節により温度やスピードを変化させています。
 
 
季節に対応したトリートメント。ご興味をお持ちの方はぜひ『立夏』にいらしてくださいませ<(_ _)>
西岡
 
「上質な眠り」によって心と体を癒す
『眠りのサロン立夏~
心にも癒しを』は2019年4月、
堺市堺区にオープンしました!
ホームページ⇒『眠りのサロン立夏』
当サロンでは睡眠に最適な環境に
整えた施術室とヘッド&フェイシャル
マッサージで熟睡するほどのリラッ
クス状態へとお客様を導きます。
さらに普段の睡眠の質がよりよい
ものとなるよう、東洋医学に基づいた
施術をお受けいただきます。
 
【ご予約について】
ホームページの予約フォーム
・LINE@「 @nemurikka 」でご検索♪
・メールでのお問い合わせ info@rikka.org

をご利用いただけます。
LINE@やメールではお得な情報の
お知らせも配信させていただきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA