英語で「私は依存症です。」ってどういうの?

鎮痛薬(多分バイコディン)依存症で断薬中の男性が海外旅行中大怪我をして、違う言語を使う現地のドクターがバイコディンを処方してくれようとするので必死で「私はその薬の依存症なので、処方しないでくれ」と伝えようと苦労したらしい。

というお話を同じ依存症の方から伺いました。

 

確かに「依存症」って日常的に使わない言葉である分、その外国語の表現って知らないものですよね💦 「ラジオ英会話」とかでもあんまり出てこなさそうなテーマです。私もよく知らなかったので調べてみました。

 

英語では「依存症」は「dependence」「addiction」などと表現するそうです。色んな表現方法がある様子。

「私はお酒の依存症です」=「I am addicted to alcohol.」「 I am an alcoholic .」「I have a problem with alcohol.」

「私は薬物依存症です」=「I am a drug addict.」「I am drug dependence.」

こんな感じで通じるのかな? 

薬物依存症は、違法薬物(illegal drug)と処方薬(prescription drug)で、単に「drug」と言うと違法薬物のニュアンスの方が強いそうです。処方薬の依存症だと、日本と外国での薬の名前が違うようなので苦労しそう。まあ、外国に行く予定もないのですが…(‘◇’)ゞ

ポピーはアヘンの一種だそうな。君はコクリコ。

そういえば、私が愛する❤東洋医学では「依存症」って何ていうのか正直、今のところよく分かりません。「依存症」と考えるのではなく、何かに依存しようとする「神志(精神の最上位の概念)」の不安定ととらえるのかもしれませんが、昔はあらゆる物資が乏しくて、依存するほど一つのものに溺れることが出来なかったのかもしれません。誰も何も持たない、執着しない時代には、依存症なんて存在しなかったのかも。

西岡

アルコール依存症の真っ最中、ハワイでIDがないとお酒が買えなくて死ぬ思いをしました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA