「断酒」「断薬」よりはるかに難しい「減酒」「減薬」

お酒や処方薬の依存症になるまでにはいくつか段階があるような気がします。

まず、依存症の前段階として、「自分のお酒や薬の飲み方は、どうもおかしい気がする」という不安に囚われ、1人で悩む、という状況に陥ります。

お酒の場合で書いていくと、飲むたびに記憶をなくしたり、昏倒したり、暴言や暴力などで人に迷惑をかけてしまう。二日酔いでお仕事に影響が出る。

 

 

さらには、体調にも影響が出る。血液検査の結果で、γーGTPの値を見て真っ青。お酒は過ぎるとすごい勢いで太っていくことがあるので、美容意識の高い女性には大変な問題です。

などなど。

そうなると、その人は飲むお酒の量を減らそうとするはずです。一日、ビール何杯、水割り何杯、それ以上は絶対飲まない! 自分との約束!

私も何度も何度もそう誓いました。

でもこれは、実際にものすごく難しいです。

減酒は断酒よりはるかにハードルが高いんです・・・

理由は簡単で、お酒を一口飲むと、人は自分に甘くなるからです。一口飲んで、気持ちよくなって理性が緩んで、

「ん~、今日まではまあいっか♬」

「約束は明日からでいいや♪」

という気持ちが生まれてしまうからです。

お酒は人の緊張感を緩ませてしまう作用があるのだから、これは当然のなりゆきですよね。

なので、減酒するならいっそ断酒をした方が実は簡単です。

アルコール依存症を患うと、一生お酒は飲めません。果実酒もお正月のお屠蘇もダメ。洋酒を使ったお菓子もアウト。私は養命酒も飲みません。

 

「嘘でしょ!? お酒飲まないなんて無理無理! 仕事終わりの一杯のために生きてるのーー!!」

と思うかもしれません。

ならば、一切お酒を口にしない「休肝日」を週に何度か作るのがいいと思います。飲むなら飲む(それでもなるべく量が少なくなるよう意識)、そして飲まない日は飲まない。

休肝日をきちんと守れる方は、アルコール依存症には至っていないのだと思います(もちろん医師の判断を仰ぐべきですが)。

ややこしいこと言わないで、お酒以外の楽しみ方を見つけなさい、という意見もよく聞きますが、これはお酒の作用を知らない方の意見だと思います。お酒の速やかなリラックス作用は別の何かで代用は出来ないものなんですよね。

ただ、お酒を飲まずに眠って、目覚めた朝の爽快感、自分との約束を守れた!という清々しい気持ちもまた、何物にも代えることは出来ないと思っています。

『眠りのサロン立夏』西岡

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA