「私って依存症かも…?」

こんな感じで可愛く飲んでる間はお酒はとっても楽しいものなんですよね❤ 私はその楽しさを永久に失ってしまいましたが、それでも構わないと思っています。楽しいことってお酒だけじゃないもんね!

 

厚生労働省のHPを閲覧すると、

 

「さて、わが国には大量飲酒者やアルコール依存症の患者さんはどのくらいいるのでしょうか。

2003年に実施された全国成人に対する実態調査によると、飲酒日に60g(純アルコール量として)以上飲酒していた多量飲酒の人は860万人、アルコール依存症の疑いのある人は440万、治療の必要なアルコール依存症の患者さんは80万人いると推計されています。」

なのだそうです。

 

自分はその一人に含まれるのかどうか。たとえばお酒の場合なら、ただのお酒大好きな人!と、依存症の方の違いは何なのでしょうか。

 

 

依存症だと診断できるのは医師だけなので、心配がある方は最終的にはきちんと病院にかかるべきですが、自分なりの判断基準として、「絶対それをやってはいけない場面で我慢できるかどうか」があげられると思います。つまりアルコールの依存症であれば、「明日、早朝から社運がかかった大切な仕事がある」「今から彼のご両親とお会いする」などの場面で、前夜や直前に飲みたいという気持ちを我慢できるかどうか、というのが一つの判断材料になると思うのです。

お酒を飲んで、大暴れして人様に迷惑をかけたり、警察に保護されたり、大けがしたりっていうのも大きな基準になると思うんですが、これは「お酒が大好きな人」にも割合に見受けられるんですよね。

「お酒が入って、酔っぱらってから仕出かしたこと」が大事件だったとしても、実はあまり参考にならない気がします(もちろん私個人の意見です)。完全な酩酊状態だと、理性を失ってしまっています。その状態で次から次にお酒を飲んでしまったり、誰かに迷惑をかける行動をとってしまったとしても、それほど不自然なことではないのですよね(迷惑ではありますが)。

 

「お酒がまだ入っていない状態で、自分をコントロールできるかどうか」が大事な判断基準だと思うのです。

 

まだ酔っておらず、理性があるにも関わらず飲んでしまうのであれば、やっぱり病院にかかり、医師の判断を仰いだ方がいいのではないでしょうか。

 

ところで、アルコール依存症を扱った有名な映画「フライト」の一場面です。翌日、自分が無罪になるかどうかがかかった公聴会に出廷しなくてはならない主人公ウィップ(デンゼル・ワシントン)。

その夜、冷蔵庫で冷えていたお酒を手にし、「飲むか、飲むまいか」と葛藤します。いったん飲み始めて酔ってしまったら飲酒を止めることが出来ず、何かしでかすのは分かっているからです。

それにも関わらず、意識を失うまでお酒を飲んでしまうウィップ。室内で大暴れして、怪我をして失神している彼を見つけた弁護士たちは大慌て。何が何でも公聴会が開かれる時間までに彼を素面に戻さなければならない!!という場面で、登場するのは違法薬物の売人…

 

さらに強い毒をもって毒を制す。泥沼の様相です。

 

おでこを怪我してるけど颯爽と出廷する主人公を見て、やれやれ良かったと思っていいのか悩む場面でした。

 

「アルコール依存症かもしれない」と悩んでいる方にはぜひ観ていただきたい映画です。「ここまではひどくない…」という安心材料にするのも一つですが、主人公が葛藤しているこのとき、自分ならどうするか? というシミュレーションをしてみるのも一つだと思います。

西岡

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA