このページでは、『眠りのサロン立夏』の施術へのこだわりを紹介しています…

◆『立夏』がこだわるオールハンド

『立夏』は昔ながらの「オールハンドトリートメント」にこだわっています。

泣いている赤ちゃんをなだめ、けが人を癒す手のひら。
この優しい感触は、疲れ切っている現代の女性にも心からの安らぎと
癒しを与えます。

『立夏』の施術者は手のひらを美容器具として扱えるよう厳重にトレーニングを
重ね、施術の際にはお客様のお肌にぴったりと密着させることが出来ます。
その技術により、繊細なお肌の状態を読み取り、お顔の複雑な神経や血管の走行、
筋肉、リンパ組織に沿った的確なトリートメントが可能となります。

 

◆オールハンドだから可能。『立夏』の「深睡眠メソッド」
さらに『立夏』独自の「深睡眠メソッド」によって、両目の周辺をじっくりと
施術いたします。
目と目の間の深部には「視床下部」という重要な脳の部位があり、そこは
インド伝統医学ではチャクラ(第六チャクラ)、東洋医学でも「印堂」と
呼ばれる大切なツボ(経穴)です。

ここを丹念にトリートメントすると「睡眠力」が向上し、内分泌系(女性
ホルモンなどに関与)が安定するとされています。

まずはお顔全体への施術でお肌を美しく整え、さらに深睡眠メソッドに
より、「視床下部」に働きかける。「立夏の深睡眠メソッド」は
外側と内側からお客様の美と健康をサポートするメニューとなります!

メニューページへどうぞ…